呼吸同期する重量子線がん治療

 放医研、重粒子線がん治療の新施設公開

 放射線医学総合研究所(千葉市)は15日までに、がんを切らずに治す新しい放射線治療施設を完成し報道陣に公開した。新施設では、細胞の破壊力が強い放射線「重粒子線」を使う。呼吸などで体が動いても、それに合わせて重粒子線の進み方を調整、周囲を傷つけずにがんを狙い撃ちできる。今春にも患者の治療を始める。

 新施設は新たな重粒子線がん治療装置を2台設置した。「呼吸同期3次元スポットスキャニング」と呼ばれ、鉛筆の太さほどの重粒子線を、がんの病巣を塗りつぶすようにして照射できる。実用化は世界初という。肺がんなどの治療に威力を発揮するとしている。

2011年1月15日 日本経済新聞

呼吸同期する重量子線がん治療

 放医研、重粒子線がん治療の新施設公開

 放射線医学総合研究所(千葉市)は15日までに、がんを切らずに治す新しい放射線治療施設を完成し報道陣に公開した。新施設では、細胞の破壊力が強い放射線「重粒子線」を使う。呼吸などで体が動いても、それに合わせて重粒子線の進み方を調整、周囲を傷つけずにがんを狙い撃ちできる。今春にも患者の治療を始める。

 新施設は新たな重粒子線がん治療装置を2台設置した。「呼吸同期3次元スポットスキャニング」と呼ばれ、鉛筆の太さほどの重粒子線を、がんの病巣を塗りつぶすようにして照射できる。実用化は世界初という。肺がんなどの治療に威力を発揮するとしている。

2011年1月15日 日本経済新聞


PR

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:688 最後に更新した日:2017/10/31

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>