癌リスクの低減法

 癌(がん)で死亡、3/1は’肥満’が原因 ミネソタ

癌死と肥満の関係
American Cancer Society(ACS:アメリカ癌協会)では、ミネソタ州で、癌で亡くなる人のうち、1/3は、肥満が原因の死亡であると考えているそうだ。

ACSでミネソタ地区を担当するアンジー・ロールによれば、癌は脳卒中や心臓病も目ではないほどの勢いで増えており、毎年9,000人が亡くなっているという。また、癌による死亡のうち、1/3は肥満が原因であるため、3,000人は癌を予防できるはずだとも。

現在、ミネソタ州の人口の62%が、太りすぎや、それを超える肥満だという。

アンジーは次のように述べる。 「これに気づいたのは、よい機会なんです。自分たちの健康にもう少し気を配ることで、で死ぬリスクを、減らすことができるのですから。」

以下は、彼女が参考にする、癌研究の団体World Cancer Research Fund と American Institute for Cancer Researchの研究結果(2009年)による、分布だ。食生活や肥満が原因となったの種類と割合を示している。
  • 子宮―70%
  • 食道―69%
  • 口腔・咽頭・喉頭―63%
  • 胃―47%
  • 結腸直腸―45%
  • すい臓―39%
  • 乳―38%
  • 肺―36%
  • 前立腺―11%

ヘルシーな生活のための、食習慣と運動
アンジーは、癌のリスクをなくす方法として、毎日、5種類以上の野菜か果物を取り、週に5日、1日30分程度の運動を勧めている。

最後に、彼女は、次のように語った。 「これから、ミネソタでは、肥満や太りすぎから脱出できるよう行動し、癌のリスクを撲滅する方向に、動いてゆくでしょう。私たちには、そうするパワーがあります。」

 2011年1月17日 断食コム

がん細胞を攻撃するタンパク質

 RNAでナノ構造体 がん薬剤開発に期待 京大

 RNAとタンパク質を組み合わせた三角形の構造体を、京都大生命科学研究科の井上丹教授や齋藤博英准教授たちのグループが開発した。がん細胞だけを攻撃する薬剤や、形を変えながら細胞などで働く「ナノロボット」の開発につながる成果という。英科学誌「ネイチャー・ナノテクノロジー」で17日発表する。

 ナノサイズの構造体の作成をめぐっては、DNAを使った研究が盛んだが、DNAは構造的に安定しているため、小さくて柔軟性のある構造を作ることが難しかった。

 井上教授たちは、DNAより柔軟な性質を持ったRNAを構造体の骨格に用いた。RNAを60度に曲げる性質のあるタンパク質L7Aeを、鎖状のRNAの 3カ所に等間隔で結合させると、一辺が17〜23ナノメートル(ナノは10億分の1)の正三角形の構造体ができた。三角形の頂点にあるL7Aeには、さま ざまなタンパク質を結合させることも可能だった。

 齋藤准教授は「がん細胞の認識や攻撃を担うタンパク質を、三角形の頂点に別々に結合させておけば、無差別に細胞を攻撃しない新たながんの薬剤の開発も期待できる。また、構造体の形によって機能が変化するナノロボットの開発にもつながるのではないか」と話している。

2011年1月17日 京都新聞
JUGEMテーマ:がん全般


PR

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:688 最後に更新した日:2017/10/31

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>