抗がん剤効果を上げる鉄キレート剤

がん細胞の性質として、鉄分が減るとがん増殖の速度が抑制されることが解った。 がん細胞にとっては鉄分不足は窮状であり、これを打開するべく血管を新たに引き込もうとする性質があることが解明されたのだ。

このがん細胞の性質を利用、つまりは鉄分をコントロールする=「除鉄」することで、 がん細胞を追い込まれた状態に誘導し、同時に血管新生阻害薬でがん細胞を駆逐治療するのが新治療法の概要だ。

抗がん剤は次々に新薬が開発されるが、がんを根治させる確率は実は極めて低いのが実情。 新治療法はがん細胞の防御機構を逆手に利用することで、 抗がん剤が効力を発揮できなかった種類の「がん」に対しても高い治療効果が期待できる。 具体的には、 現行で存在する血管新生阻害作用を有する抗がん剤に除鉄機能を付加することで抗がん効果が高まる可能性がある。

「除鉄」には鉄キレート療法が有効で、1日1回経口で服用するだけの簡便な治療法が承認されています。 つまりは、今ある抗がん剤でも十分に応用が可能な新がん治療法の成果に期待が高まっている。

「除鉄」でのがん治療研究は岡山大学が国際バイオ展「BIO tech 2013」へ発表した。


食道がん,子宮頸がん,皮膚がん を「熱と抗がん剤」で治療

がん細胞にシートを貼り付けることでがんを治療する新治療法に効果が確認された。

新しいがん治療法は、がん細胞に新開発の特殊なシートを貼り付けることで、手術後でも、体外からシートに磁場をかけ、シートの発熱とシートから出る抗がん剤のダブルの治療効果が得られる。

がん細胞は熱に弱いため、がん患部を45度程度に温める「温熱療法」が効果があることは広く知られている。

新開発のがん治療シートは、磁気を帯びた粒子と、抗がん剤を混ぜた材料で作られている。シートは磁場をかけると発熱して45度程度になり、さらに熱に反応したシートから抗がん剤が放出される仕組みなのだ。

実験では、皮膚がんの培養細胞にシートを適用したところ、1日に5分間磁場をかけて発熱させるだけで、2日後にがん細胞は19%に減った。 抗がん剤だけだと26%、発熱だけだと69%にしか減少しないことに比べて、有意に効果が確認されたのだ。

がん治療シートを新開発したのは、物質・材料研究機構(茨城県つくば市)。

当面の治療対象は、食道がんや子宮頸がんでがん細胞が表面を覆う症例=扁平上皮がんへの効果的な適用が期待されている。



PR

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:688 最後に更新した日:2017/10/31

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>