がん死亡リスクが減る食べ物

クルミやアーモンドなどのナッツ類が、 がんのリスク減少に有効との研究結果が発表された。

スペインでの調査によると、 7,000人以上(年齢55〜90歳)の心血管疾患のリスクが高い被験者を対象に、 約5年間の追跡調査が行われた。 その結果、週に3回 28g程度のナッツ類を食べた人は食べなかった人と比較してがんや 心血管疾患やがんなどによる死亡リスクが39%減少することが確認された。 特にクルミは、がんの予防について関連性が高く、 クルミを中心に食べたグループでがんのリスク減少が顕著だった。

がんに対するクルミの予防効果については、 既にマウス実験で実証済みだ。 クルミはナッツ類の中でもオメガ3脂肪酸を特に多く含む食材で、 植物由来のアルファリノレン酸(ALA)の健康効果が脚光を浴びつつある。

クルミのがん予防効果の研究論文は、「BMC Medicine」へ発表された。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:688 最後に更新した日:2017/10/31

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>