肺がん,乳がん,肝臓がん,大腸がんの実際の治療費

高額な医療費がかかるがん治療。 しかし、実際に払う治療費は、国の保険が適用されるため、 想像しているよりも少額で済むことが多い。

日本人のがん患者数の上位を占める 「胃がん」「肺がん」「大腸がん」「乳がん」「肝臓がん」のがん別に、 一般的な治療をした場合の自己負担額を検証した。

なお、検証の前提となる保険は自己負担3割で、かつ「高額療養費制度」を利用している。

【乳がんの治療費】

最も治療費の自己負担実額が大きいのは乳がん。 乳がんの平均入院日数は11.8日だが、 再発予防治療として、ホルモン療法が5〜10年間継続されるために、 長期間の治療費が負担を大きくするのだ。 乳がんと診断されても、5年後生存率は87.7 %と高い。

乳がんの手術は、可能な限り切除範囲を小さくする“温存手術”が主流だが、 切除範囲が大きい場合でも再建手術が非常に進歩している。 しかし、人工乳房の再建に要する治療費は、 100%自己負担であり50万〜100万円程度が必要となる。

手術後、再発予防のために放射線照射、抗がん剤治療を実施。 抗がん剤治療終了後、ホルモン療法と検査を5年間にわたって続ける。 入院は手術時だけで、後の治療はすべて外来で行う。

乳がんで温存手術・術後再発予防抗がん剤・放射線療法を行った場合、 5年間の治療費合計は92万円となる。

【肺がんの治療費】

肺がんは進行が早いのが特徴。 平均入院日数21.7日で、肺がんと診断された後の5年後生存率は29%と低い。 肺がんは、発見時には既に手術が不可能なほどにがんが進行している患者が多く、 放射線治療や抗がん剤治療が中心となる。

肺がんに小細胞肺がんで放射線化学療法を実施した場合、2年間で計45万円となる。

肺がんへの放射線化学療法は、まず20日間の入院期間中に、放射線治療と抗がん剤治療を実施。 その後の3か月で抗がん剤や、転移しやすい脳への予防的放射線照射を行う。 1年目は治療と検査、2年目は検査が必要となる。

【胃がんの治療費】

胃がんの平均入院日数は、22.6日。 胃がんと診断された後の5年後生存率は64.3%と高い。 早期胃がんの場合、5年後生存率は9割を超える。

早期で見つかった胃がんは、大掛かりで負担の重い開腹手術ではなく、 内視鏡で粘膜を切り取るだけの日帰り手術も可能となり拡がっている。 胃がんの内視鏡手術は、 お腹に4か所程度の小さな穴をあけ、細い腹腔鏡の先端のメスでがん患部を切り取る術式。 手術費用は120万円と高いが、高額療養費制度の適用で実際の患者負担額は9万円程度で済む。

入院は10日、術後の検査費用(毎年3万円)などを含めると2年間での治療費の自己負担額は合計14万円程度 となる。

【肝臓がんの治療費】

肝臓がんの治療費は、経皮的エタノール注入療法の場合に2年間で合計21万円。 3年目以降は毎年6万円の検査費用が自己負担となる。

【大腸がんの治療費】

大腸がんの結腸がんの治療費は、 切除手術・術後再発予防抗がん剤療法を行った場合で2年間で自己負担の合計が42万円となる。

がんの種類によらず高額化が進む治療費に対して、自己負担の額が抑えられているのは、 「高額療養費制度」の恩恵だ。 「高額療養費制度」は、数十万円から数百万円に及ぶ高額の治療費用に対しても、 患者の自己負担額が2〜8万円前後(収入に拠る)に軽減される国の制度。

高額療養費給付の適用を受ける場合でも、 患者が治療費の3割を一度支払わねばならない問題があるが、 「貸付制度」や還付額を算入した支払額に減額する「委任払制度」がある。 貸付額が異なっていたり、医療機関の承認が必要な場合があるので、 治療費が高い場合には、早々に病院の医療相談室や保険者へ相談することが肝要だ。

がんは、治る病気となりつつあるからこそ、 治療費負担を抑制し、回復後の長い生活へ備えることが重要なのだ。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:688 最後に更新した日:2017/10/31

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>