肝臓がんに効果のがんワクチン新薬

天然痘治療などのワクチン遺伝子を組み換えて開発されたがんウイルス による新しいがん治療法が開発されている。

遺伝子組み換えられたワクシニアがんウイルスは、 患者の免疫細胞が、がん細胞を集中的に攻撃するよう組み換えられている。 さらにワクシニアがんウイルスは、患者のがん細胞内で増殖することで がん細胞を死滅させるのだ。

既に臨床試験が開始されており、 がん細胞の増殖が抑制され、がんへの血液の供給が減少する効果が確認されている。 がん細胞を破壊し、がんに対する免疫応答を誘導するように遺伝子操作されたワクシニアウイルスが、 肝細胞がん患者の生存期間を延長したのだ。 進行性の肝細胞がん患者30人に新薬を4週間投与した結果、 低用量が投与された14人の肝細胞がん患者は平均6.7か月、 高用量が投与された16人の肝細胞がん患者は平均14.1か月の生存期間が延長した。 臨床試験では、1人の患者に嘔吐があった以外は、重い副作用は無かった。

がん溶解性ウイルスは、肝細胞がんだけでなく がん治療の有望な新治療法として注目されている。

ワクシニアがんウイルスの研究は、英医学誌「Nature Medicine」に発表された。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:688 最後に更新した日:2017/10/31

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>