がん細胞を電界で死滅させる新治療法

全く新しいがん治療法である「腫瘍治療電場(TTF)」がイスラエル工科大学で発明された。

TTFとは、低強度の「電場(電界)」を利用した新しいがん治療法である。 電気が流れている周囲には必ず電場が生じている。 この電荷(個々の物体や粒子などがもつ電気)を持つものを引き寄せて作用する。

TTFによるがん治療では、電場発生装置に接続されたトランスデューサーを体外に装着し、 人工的に作り出された電場によって体内のがん細胞の分裂を防ぎ死滅させる。

がん細胞が人体の中で最も強い電荷を持つ物質であることを利用した治療法なのだ。 TTFによるがん治療の臨床試験では、 抗がん剤による化学療法に頻発する痛み、感染症、吐き気、下痢、便秘、疲労etcの 副作用も無いとされる。

既に20種類以上のがん細胞を対象にTTFによるがん治療が実験され、 それら全てのがん治療に効果が発揮された。 既に膠芽腫と肺がんに関しては、臨床試験が実施され、成功を収めたのだ。 特筆すべきは、がん細胞以外の正常な細胞には影響無く治療ができた事実だろう。

現在では、化学療法や放射線治療とTTFを組み合わせることで、 大きな相乗効果があることが分かった。 米国ハーバード大学では、 TTFによるがん治療の効果を最大限に高めるための既存治療法との最適な組み合わせに関する研究が 進められている。

現在のがん治療は「外科手術」「放射線療法」「抗がん剤療法」の3つの治療法が中心とされているが、 近い将来には「TTF」治療が加わる可能性は高いだろう。 全く新しい技術原理を利用した新しいがん治療法「TTF」が、 がんを克服する強力な治療法として登場する日へ期待は膨らむ。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:688 最後に更新した日:2017/10/31

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>