乳がん新薬が最終治験へ

乳がん治療の抗がん剤新薬の治験が好成績を収めている。

開発中の乳がん新薬は、開発コードの「PD-991」で呼ばれている。 「PD-991」は、米国の大手製薬ファイザーが開発中の抗がん剤新薬

PD-991は、進行性・転移性乳がんの患者を対象とした抗がん剤新薬で、 その治験は第2相臨床試験が完了した。 新薬の治験結果は、生存期間の著しい改善が認められたのだ。

既存の抗がん剤レトロゾール(製品名:フェマーラ)の単独投与では7.5カ月だった余命期間(無増悪生存期間)が、 新薬PD-991を併用投与した結果は26.1カ月へと大幅に余命が延長されたのだ。

今後は、第3相臨床試験が開始される計画で、 乳がんの抗がん剤新薬へ大いに期待が高まっている。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:688 最後に更新した日:2017/10/31

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>